【アンケートサイト】治験モニターで稼ぐ方法

治験

お小遣いサイトの中でも圧倒的に稼げるのが治験モニター

治験とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験のことです。治験の被験者のことを治験モニター、あるいは治験ボランティアと呼びます。

治験参加間での流れ

臨床試験の参加希望し、選抜された方は下記のように検査に進んでいきます。

  1. 会員登録
  2. 会員専用ページから治験申込
  3. 説明会への参加
  4. どんな薬か、どのような副作用があるのか、今まで実施されてきた試験の結果、予想される副作用、スケジュール、支給される負担軽減費、健康被害があった場合に受けられる治療や補償などについての詳しい説明会が開催されます。 また説明会と同時に健康診断を実施する実施機関もあります。

  5. 治験参加
  6. 検診で合格と判断された方が治験参加となります。治験がスタートした後でもいつでも自由な意思でやめることができます。

  7. 報酬受領
  8. 新薬モニターアルバイトの一部または全部が終了した日に実施機関から謝礼が手渡されます。

治験の報酬

治験モニターの謝礼はあくまでも治験に参加するためにかかった交通費や参加者の負担を軽減するためのもの(負担軽減費)とされています。

謝礼は通院で1回1万円~数万円、1週間の入院で20万円とかなり高額になっています。

治験モニターサイト

治験モニターは医療機関等でも直接募集していますが、ここではネットから参加できる、実績豊富な治験モニターサイトを紹介します。

V-NET(医学ボランティアネットワーク)

V-NETは㈱ヒューマンリンクが運営する治験登録・情報サイト。治験参加率は業界No.1で治験参加希望者への電話による丁寧な説明、行き届いた案内で初心者でも参加したい治験にスムーズに参加できます。

初めて治験に参加する場合はV-NETがオススメです。

新薬ネット

新薬ネットは男女6万人が登録された日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト。

独自に構築した情報ネットワークを駆使し、新薬モニターアルバイト情報をできるだけ豊富に取り揃えるとともに、会員の皆様が新薬モニターアルバイトにスムーズにご参加いただけるようサポートしてくれます。

JCVN(ジャパン クリニカル ボランティア ネットワーク)

JCVNは、日本の医療業界の発展と医薬品の開発支援のため、趣旨に賛同した20歳以上の成人を対象に、任意により組織された医学ボランティア団体です。

治験実施機関や製薬メーカーから治験ボランティアの方の募集依頼を受け、当会に所属頂いている会員の方に、治験のご案内ご紹介をするために設立されたボランティア会となります

ニューイング

運営団体のNPO法人ニューイングは、長年において治験の普及に取り組んできたNPO法人(特定非営利活動法人)です。

2008年にはNPO法人としては初めて、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証であるISO27001を取得しています。

コメントを残す